ウェブサイトリニューアル

  • スマートフォン対応(レスポンシブ対応)していない
  • 企業のブランドイメージに沿ったデザインに変更したい
  • ウェブサイトに新しい機能(システム)を導入したい
  • 既存のウェブサイトから問い合わせが増えない
  • 更新する度に依頼するのは面倒だから自分で更新したい

古いウェブサイトは悪印象を与えることも

日々技術やトレンドが進化し続けるウェブ業界において、古いウェブサイトを使い続けるというのはリスクを伴います。

 

突然ウェブサイトの見た目が崩れたり、今まで使っていたシステムなどが急に使えなくなった、なんて話もよく耳にします。

 

営業ツールであるウェブサイトがそのような状態だと、お客様に悪い印象を与えてしまい見込み客を失ってしまう要因となることがあるので、2年に一回程度は見直しを行うようにしましょう。

 

目的に応じたウェブサイトのリニューアルを

スマートフォン対応(レスポンシブ対応)

ウェブサイトを閲覧する人のおよそ7割がスマートフォンを使用している現代において、スマートフォン対応(レスポンシブ対応)されていないことは非常にもったいない状態です。

 

ウェブサイトがきちんとスマートフォン対応されていなければ、PC画面で表示される内容はスマートフォンの小さな画面用に縮小されただけなので、文字が小さくなり、ボタンも押しにくい状態となってしまいます。

 

スマートフォンとPCの両方に対応したウェブサイトへとリニューアルすることで、どちらでも快適にウェブサイトを閲覧することが出来るようになります。

 

また、スマートフォンでウェブサイトを閲覧する時には、押すだけですぐに電話をかけることができるボタンを設置するなど、スムーズな問い合わせを実現するようにし、スマートフォンユーザーの使いやすさを向上させるよう気をつけましょう。

 

企業のブランドイメージに沿ったデザインに変更したい

ウェブサイトは企業理念やメッセージなど、会社の価値を上げるには必須の媒体とも言えます。

 

求人においてもウェブサイトの影響は大きく、募集内容の掲載だけではなく会社のイメージも一緒に伝えることで求める人物像をより明確に募集するすることも可能となります。

 

新しい機能(システム)を導入したい

社内の業務効率向上やウェブマーケティングを目的とし、ウェブサイトに新しい機能を追加させます。

 

例えばウェブサイト上での予約サービスの導入でお客様にとって使いやすいウェブサイトへのリニューアルや、URLごとにアクセスされた回数を調べ、マーケティングを強化するシステムの導入など、目的やゴールに向けた機能を追加することが出来ます。

 

ウェブサイトからの問い合わせを増やしたい

ウェブサイトは制作しただけで問い合わせが増えることはまずありません。問い合わせが増えるようなウェブサイト制作には理由があり、専門的な知識が必要となります。

 

弊社のウェブサイトリニューアルは、お客様がすぐに問い合わせることが出来るようなボタン配置や、検索されやすいキーワード設定を意識し、問い合わせ件数の向上を目指します。

 

また、ウェブサイトからの問い合わせ件数の見える化のご提案もさせて頂いており、きちんと効果が実感できる環境づくりも行います。

 

自分でウェブサイトを更新できるようにしたい

文言修正やブログを更新する度に制作会社にお願いするのは面倒だし、費用もかかってしまいます。よって、弊社でウェブサイトを作成する時にはWordpress(ワードプレス)の導入をお勧めしています。

 

WordPressとは、CMS(コンテンツマネジメントシステム)と呼ばれる専門的な知識がなくてもウェブサイトの文言修正やブログの更新が簡単に行える管理システムのことです。

 

WordPressを導入することで社内でウェブサイトの更新が簡単に出来るようになり、常に新鮮な情報をお客様にお届けできるようになります。

 

また、弊社はWordPressから必要のない機能の削除を行い、コンテンツをより入力しやすくする工夫を加えることで、お客様がより使いやすい状態で納品することを徹底しております。

 

お客様には段階的にWordpressの機能を開放していくことで、少しずつ慣れて頂き、必要に応じて権限の付与を増やしていくようにしています。