SSLセキュリティ(https)の設定代行 – 「保護されていない通信」を解決

ウェブサイトを開くと、「保護されていない通信」と表示されます

 

Google Chromeが2018年07月24日以降、SSL化(ページの暗号化)されていないウェブサイトには「保護されていない通信」と表示させる形で、インターネット上のサイトのセキュリティ強化を目的としたアップデートを行いました。

 

SSLとは、PCとサーバー間でデータのやりとりを暗号化して行う仕組み(セキュリティ)のことです。

 

ブラウザ(Internet Explorer や Google Chromeのようなソフトの総称)によっては「この接続は安全ではありません」「注意してください」と表示されることもありますが、開いているウェブサイトがSSL化が未対応(セキュリティが低い)の場合に表示されるものです。

 

SSL化(暗号化)されていないウェブサイトでは、そこで入力された情報をインターネット上でテキストとして送受信します。つまり個人情報やクレジットカード番号等を悪意がある人たちに閲覧される可能性があるということです。

 

よって、個人情報を入力するお問い合わせフォームや、クレジットカード番号を入力するフォームがあるウェブサイトがSSL化されていない場合は、使用するのを避けた方が良いでしょう

 

たとえ、ウェブサイトの所有者が個人情報をばらまく意図はなくとも、悪意のある第三者がそのウェブサイトを利用して一般のお客様の情報を取得することが可能であるということです。

 

SSL化は自社のウェブサイトと、貴社のサイトを訪れるお客様の安心と安全を担保するためにも、対処すべき問題です。

 

SSL化されていないとお客様が不安になってしまう

個人情報の扱いが取りざたされている現在、お客様が訪問したウェブサイトに、もし「保護されていない通信」と表示されていたらどう感じるでしょうか。

 

  • サイトをご覧になられている方は不安になりページから離れてしまう可能性があります。
  • 簡単にできるセキュリティを放置してしまう会社だと思われて不信感を抱かれる方もおられるでしょう。
  • 2度とそのホームページには訪問しないようにしようとされる方もおられるかもしれません。

これでは、会社の品位や信頼を下げることになります。

 

早めにSSL化を

2018年10月17日のGoogle Chromeのアップデートからは、「保護されていない通信」の文字が赤字になって表示されるようになりました。

ぱっと見は以前と変わりませんが、お問い合わせフォームなどのようなページの入力欄に入力を開始すると、文字が赤く変化します。

 

放っておくと、お問い合わせが減少するだけでなく、会社の信用にもつながります。

貴社のウェブサイト管理をお願いしている業者様にSSL化について、早めに相談してみましょう。

 

もし、既存の業者様に対応してもらえない、あるいはお願いすることができない場合はTomTakにご相談ください。喜んでご対応させていただきます。

 

ウェブサイトSSL化の費用

料金 21,000円(税別)~
お問い合わせ方法 お電話(082-555-9388)もしくは下記お問い合わせフォームから。
備考 このサービスは広島市内の企業様(もしくは中小企業家同友会員)については3000円引きとさせていただきます。

お問い合わせフォーム

下記フォームよりお問い合わせ下さい。

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

ご住所(必須)

お電話番号(必須)

ご不明点やウェブサイトに関するお悩み事などありましたらご記入下さい