「保護されていません」を消す方法

「保護されていない通信」や「保護されていません」

2018年7月から、Google Chromeやその他のブラウザで、アドレスバーに「保護されていない通信」や「保護されていません」と表示されるようになりました。

 

 

これは、昨今、セキュリティがより重視されるようになり、ウェブサイトでもSSLと呼ばれる通信の暗号化のセキュリティが必須になりつつある為に、このようなメッセージが表示されるようになりました。

 

この暗号化に未対応のウェブサイトには、「保護されていない通信」や「保護されていません」が表示されます。

 

このメッセージを消す方法は「SSLセキュリティ(https)の設定代行 – 「保護されていない通信」を解決」のページをご覧下さい。