短時間・週数日での就職も可能ですか

お互いができることを重ねあって協力し合うため、お互いの休みを取りやすくするためにもむしろ短時間・週数日の勤務で人数を多めにするようにしています。

短時間や週数日勤務だと残業をしなくとも、忙しい時期には出社日数を増やす等で対応できるので、みんなの家庭生活を守るためにも健康を守るためにもむしろ推奨しています。

子供たちの成長に合わせて就業日数や就業時間を増やすなど、ライフステージに合わせた働き方をしてもらえると、会社の成長に合わせて仕事も給料も徐々に増やしていけるので、会社としての金銭的負担も楽になるので非常にありがたい形です。